代表五十棲より創業2周年のご挨拶

株式会社イヴケアは、本日1月11日、おかげさまで2周年を迎えることができました。こうして2周年を迎えられましたのは、ひとえに多くのご関係者様、そして共に2年を歩んできた仲間のおかげと、ここに深く感謝を申し上げます。

当社は、滋賀大学発初の認定ベンチャーの称号のもと、毛髪中に含まれるホルモンの定量評価によるストレスの客観的評価技術と、主観的なストレス反応に対する臨床心理学的知見に基づく心理的支援を活用し、現代を象徴する「ストレス」という大きな課題に挑んで参りました。

昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大という未曽有の情勢に見舞われ、世界中で「不安」や「悩み」が急増する年となりました。当社の理念は「優しい眼差しに満ちたWell-beingな社会を実現する」ことです。私は、このような状況下においてこそ、我々がこれまで築いてきた、技術や、ノウハウが活用されるべきであると大きな使命を感じております。

この想いを形にする準備のため、当社では昨年、新柄コロナウイルス(COVID-19)拡大が会社員の精神的健康に与える影響を調査しました(https://evcare.co.jp/news/information/20200731_442/)。本調査では、昨年の緊急事態宣言前後5か月間のストレスの変遷を毛髪と質問紙から評価しました。参加いただいた方々には、調査後個別でのフィードバックを行い「自らの心理状況を客観的に捉えなおすことで、新しい発見があった」と大変嬉しいお言葉をいただくことができました。

また、本年は滋賀県近未来等社会実装推進事業補助金に採択され、会社員に対するストレスの多面的な評価とそのフィードバックによる効果評価を行う事業を進めております(https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/shigotosangyou/syougyou/315455.html)。

そして、補助金事業と蓄積したデータを活用し、会社員に対するストレス評価及び個人へのフィードバックを1つのパッケージにしたサービス『イヴケアパック』を本年4月よりいよいよ販売開始いたします。

我々のこの一歩が世界中を「優しさ」と「健康」で満たす小さなきっかけになればと祈りながら、本年もたゆまぬ努力を重ねていく所存でございます。

最後に、日頃よりイヴケアを支え、ご愛顧くださった関係者の皆さまに厚くお礼を申し上げます。役員一同、心を新たにして、皆さまのご期待に添えるよう邁進して参りますので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社イヴケア 代表取締役 五十棲計、役員一同