第36回日本ストレス学会学術総会にて関西電力株式会社との共同研究成果を発表

第36回日本ストレス学会学術総会にて、「緑化休憩室の活用が主観的・客観的なストレス指標に及ぼす影響評価」についての研究発表を行いました。本発表は、関西電力株式会社との共同研究成果によるものです。10月29日~11月29日までの間、オンデマンドにて配信が行われています。
http://www.med.kitasato-u.ac.jp/~publichealth/stress36/program.html